中古車購入する時は|希望価格で車を売りたいなら相場を確認してから査定に出そう
メンズ

希望価格で車を売りたいなら相場を確認してから査定に出そう

中古車購入する時は

ウーマン

後から後悔しないために

中古車を購入する時に気になることの一つに、販売されている車が事故車かどうかということがあります。購入後に気がつくこともありますが、ほとんどの場合事故車だと気付かないことも多いようです。実は事故車であっても修復履歴車として取り扱われることがなければ報告する義務がないので、販売時に知らずに購入してしまう場合があります。もちろん中古車販売業者も知らない場合がありますし、安全に走ることが可能であれば何ら問題ないと言っても過言ではありません。とは言え、一度事故を起こしたことがある車には乗りたくないという心情になるのは当たり前のことです。では、購入前に事故車かどうか判断するにはどうすればよいのでしょうか。

購入前にチェックを

少し車をぶつけてしまったとか、擦り傷をつけてしまったということはあるかもしれませんが、販売店で過去に大事故を起こしてしまった車をよく見るといくつか不自然な点が見つかる場合があります。一つ目は車が左右対称になっていない場合です。もちろんぱっと見ただけではわかりません。しかしボンネットやドアに隙間があったり、ズレが見られたら事故車である可能性が高くなります。またボンネットやトランクを開けた時に、明らかにボルトが新しく交換されていたり、塗装が剥げていたりする場合には事故車であった可能性も高くなるのです。このように販売時にわかることもありますが、例え事故車であったとしても通常の運転には差し支えありませんし、安全であることには変わりないのです。